dovepick.JPG
巧みな評論家より下手なプレーヤーに…
音楽は理屈や技術じゃなく
楽しんだもんが勝ちやねん。
同じアホなら踊らな損ですやん。

TOPページへ







・NPOの夏まつり

仕事を通じてお付き合い
させていただいている子育て支援
NPO親子ハートコンタクト。

その理事長さんのお誘いで
小さな子どもたちの集いに
お招きいただきました。

会場は「農民会館」

実はこういう会場、好きなんです。
ライブハウスやホテルの宴会場みたいな
しゃれたステージもスポットも
もちろんありません。

もともとは会議室ですから
黒板があったりで教室みたい。
もちろん音響的にも
良い環境ではありません。

でもね、よくあるでしょ。
旅館の大広間でくりひろげられる
浴衣のおじさんたちによるカラオケ大会。

ちょっとそんな雰囲気にもなって
「なんでここで歌ってるんだろっ?」的な
違和感が実は心地良かったりするのです。

heart0808.jpg

ろくろく練習もなしで
いつものように哲朗君や京ちゃんに
Helpをもらっての歌。

こんな機会を与えてくださった
NPO理事長さんに大感謝です。

何かないと、まずギターを
ケースから出すこともしない
今日、この頃でしたからね。
posted by otogizoshi at 17:47 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

・キンヤさんの魂のエレキ

同じく「春を探そう」の時に
滋賀県からHelpしてくださった
ギタリスト・キンヤさん。

kinya.jpg

「ギターが泣いてる」って
表現がありますが、まさに「それ!」

エレキギターといっても
やっぱりアナログ楽器。
弾き手の魂が音に籠ります。

キンヤさんが奏でる金属的な
エレキの音色は、たとえば
歌と歌の合間、間奏の時に
涙が出そうになるんです。

エレキにカポつけて弾くという
ド素人的自分にとっては
キンヤさんはまさに「神様」でした。

------------------------------------

♪もしもタイムマシンに乗って
自由に過去へ行けるのなら
僕は迷わず旅がしたい
君を初めて見たあの日へ

まだ幼さが残る君を
見ていた僕の眼は
少年のようであっただろうか
何の曇りもなかっただろうか

   (1990 STANDARD)

------------------------------------
posted by otogizoshi at 17:40 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

・初々しいピアニスト

「春を探そう」でゲストっぽく
キーボード弾いてくれた○○ちゃん。

あんまり人前で演奏したことなくて
ドキドキ…
ちょっと手が震えてたとこが
とてもよかった。

livepianosr.jpg

大体慣れすぎると人間ロクなことない。
結婚式の披露宴で歌うのも
のべ30人にもなると出番が近づいても
緊張もなんにもない。

だからミュージシャンを気取っても
「余興」の域で歌ってしまう。

初々しいのがいいんだ、○○ちゃん。

今もあの頃のままならいいんですけど、
長いこと会ってないなぁ。

------------------------------------

♪君を感じる時心に吹く風は
はるかな海風さ やさしく時を超えて
僕の船を運んでゆくのだろう
ときめきはいつの時代も人を動かす

帰りたい場所があるから旅をする
子どものように今でも夢を見る
時の波間に消えては浮かぶ
想い出たちが煌めく星になる

   (1990 喜望峰)

------------------------------------
posted by otogizoshi at 17:36 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。