dovepick.JPG
巧みな評論家より下手なプレーヤーに…
音楽は理屈や技術じゃなく
楽しんだもんが勝ちやねん。
同じアホなら踊らな損ですやん。

TOPページへ







・パリン/シャリンの乾いた音

gibsons1.JPG

ギブソンのアコースティックGは
全体的に乾いた感じの音が出ます。

人間の声で言うとバリトンみたいな
感じがするように思います。

だから繊細な指できれいなスリーフィンガーの
演奏をするより、思い切りピックで
「かき鳴らす」演奏が向いています。

特に高音がきれいでシャリンという
きめ細かい金属音が響きます。
拓郎で言うと「落陽」向きなんです。

同じく名器として名高い
マーチンやギルドとは少し
めざすものが違うのかもしれません。

マーチンのやさしい音色は
聴く人を癒してくれます。

友人が持っているギルドの12弦ギターの
きれいな和音は切なくなるほど
澄みきっています。

僕はもともとテクニックなんてほとんどないので
マーチンやギルドを弾きこなせないと
思っています。

ギブソンはその点、技術の低い演奏家にも
独特の力強さを提供してくれる楽器です。

下手でもなんでも
弾いているだけでうれしくなれる楽器です。

だからDoveと長く付き合っていられるのかも
しれません。

自分に一番合ったギターだと思います。
(なんせ目立つもの、好きですから…!(^^)!
posted by otogizoshi at 00:12 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

・17年前のライブ!

なつかしや古い写真が出てきました。
大阪茨木の某会場での
クリスマス・ライブパーティー
「Silent Soldier」での1カット

live511.jpg

いや、若い!そりゃ17年たったら
誰でも朽ちてくるのさ。
おまけにサラリーマンの時代だから
演奏してても、今と違ってちょっと
「まじめ」が入ってます。

でもね、ギブソンは不動。
このギター、弾き手が若くても老いていても
ちゃんとその時、その時の表情に
なってくれるギターなんです。

いや出す音も、弾き手に合して
選んでくれてるのかもしれません。

時の流れの中で
決して変わらないものがいくつかあって
そのひとつは間違いなく
Doveの音色。

------------------------------
♪君のやさしさは 信じているから
僕は今まで来た 道へ帰ろう
たとえこの頬が涙に濡れて
君の面影さえ にじんでいても

何度も人を傷つけて
人生に勝ち誇った者へ

僕は静かな兵士でいたいんだ
君は分かってくれるよね

 (1978 静かなる兵士の胸に)
------------------------------

posted by otogizoshi at 13:48 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

・ムネットさんの憂鬱

ものすごく体が大きな人です。
最近、年には勝てずさすがにちょっと
縮みましたが、高校生の頃は
お相撲さんみたいな体格でした。

特別音楽の才能があるとは思えませんが
いちぉ、ピアノも弾けます。
譜面を見て歌う合唱クラブにも
所属していました。

munet[1].jpg

このムネットさんが一度、ウチにきて
トイピアノ(要するにおもちゃの小さいピアノ)
を弾いたことがあります。

曲目は忘れましたが童謡か何かの
簡単なものだったと思います。

その姿が今も忘れられません。
大きな体を思い切り猫背に丸めて
ちっちゃい赤いピアノを弾くムネットさん。

それも意味もなく、面倒くさそうに、
憂鬱っぽい表情でゆっくり奏でます。

「何がそんなにうっとうしいねん!」と
言いたくなるほどの大男とトイピアノの
コラボ風景。

なんでだろ、こんな変な風景なのに
トイピアノから妖精が飛び出してきそうな
不思議空間。

憂鬱な顔しててもムネットさんが持っている
やさしさがピアノから聴こえてくるような。

音楽ってそんなもんさ。
ちっちゃな感動を大切にしましょっ!


posted by otogizoshi at 13:08 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。